坐骨神経痛

坐骨神経痛とは病名ではなく病状をさします。その名前が示す通り、坐骨神経が何らかの圧迫を受けて生ずる神経痛の総称です。
お尻から太ももの裏へかけて鋭い痛みが生じます。病状が悪化すると脚の痺れが下へと伸びていき、足の先まで痺れる事もあります。

主な症状
○腰、お尻の痛み
○太ももの脇や裏、足の先の痛みや痺れ
○動くと痛みが増し、歩くのが困難になる
○足に力が入らなくなる、足が冷える

原因
原因としては腰痛の慢性化や、お尻の筋肉疲労や炎症等により神経が圧迫されることが多いです。
椎間板ヘルニアや、梨状筋症候群(お尻の筋肉の疲労による)、高齢者に多い変形性腰椎症や、腰部脊柱管狭窄症等多くの疾患から起こります。
放っておくと神経圧迫だけでなく骨盤や股関節にゆがみが生じて、ますます筋肉が硬くなり痛みが増していきます。

治療法
当院では神経圧迫の原因となる腰やお尻の筋肉だけでなく、関連する全身の調整により痛みや痺れを改善していきます。
ヘルニアも、手術をしなければならないような重度のもので無い限りは、椎間板に掛かる負荷が軽減していき、症状が改善していくことが多いです。
また鋭い痛みに対しても、消炎鎮痛効果のあるハイボルテージ(特殊な電気治療器)で痛みの奥深くに作用するように治療し、改善していきます。
痛みの強いうちは毎日でも間隔を詰めて治療した方が効果的です。
痺れに関してはすぐ改善することは正直難しいですが、繰り返し治療していくことで少しずつ改善していきます。

対処法
痛みで歩くのも困難な方は、腰痛用のバンドやさらしで固定することで大分楽になります。自宅では出来る限り安静にしてください。無理に仕事を続けて放っておくと日常生活に支障をきたすこともあり、回復も遅れます。自分で症状を改善することは困難ですので、早期治療が有効です。
また、治療をして少し楽になったからといって無理をすると、かえって痛みが悪化することもあります。
坐骨神経痛は人によって症状が様々です。些細なことでもご相談ください。

 

ネットからのお問合せはこちらからどうぞ。
お問合せ.jpg