接骨院の保険

接骨院の保険利用ができる症状は下記の通りです。

 

保険の使える場合
〇急に発生した外傷(けが)
〇打撲、捻挫
〇筋違い(挫傷)
〇肉離れ、寝違い
〇骨折、脱臼のリハビリ
〇ギックリ腰(動かすと痛い。歩くときにビリっとひびく。)
〇子供の肘の外れたもの(肘内障)
〇運動中に発生したスポーツ外傷
〇慢性的なものでも、何らかのきっかけで急に痛くなったもの。(例 慢性的な腰痛の方が何らかのきっかけで、腰を傷めた場合も適用となります)

 

保険の使えない場合
〇日常生活の疲れ
〇単なるマッサージの代わり
〇脳疾患後遺症などの慢性病
〇病気からくる痛み(胃潰瘍による腹痛など)
上記の疾患は保険は使えませんが自費で治療できます。

◎慢性疾患(神経痛・リウマチ・腰痛症・五十肩・頚腕症候群・頚椎捻挫後遺症・その他慢性的な痛みのある疾患)
※上記の◎慢性疾患は針・灸保険が適応できます。詳しいパンフレットあります。

 

車の衝突事故などによって発症するムチウチ症は、自賠責保険の対象となります。(当院で無料で治療できます)
通勤途中に発生した交通事故によるケガや、仕事中に発生したケガは労災扱いとなります。(当院で無料で治療できます)

ネットからのお問合せはこちらからどうぞ。
お問合せ.jpg