五十肩

初めに肩関節付近に鈍痛がおこり、腕の可動範囲が狭くなります。次第に鋭い痛みになっていき、急に腕を動かすと激痛が走るようになり、腕が肩より上がらない、後ろへ行かなくなるなどの運動障害が起こります。放っておくと生活にも支障をきすようになり、重症化すると、顔を洗う、洋服を着るなどの日常生活に大きな困難をもたらすこともあります。

 

原因
原因は不明。軽症で済むか重症化するかの仕組みもはっきりしていません。四十代、五十代に多く発症する傾向にありますが、他の年齢でも発症します。
痛みは片方の肩だけの場合と、一方の肩が発症してしばらく経つともう片方の肩にも発症してしまう場合とがあります。片方の肩が発症してしまうと、もう一方も発症する傾向があります。

 

治療
当院では痛みや動きのメカニズムを考慮し、痛みのある肩だけでなく、関連する背中や胸など全体を診て治療します。また、今苦しんでいる痛みそのものに対し、特殊な電気治療器で直接痛みを緩和します。動きを良くするためにソフト整体や、痛みの出ないストレッチなどで体の調整をしていきます。激しい痛みや動きが大きく制限される方には、テーピングをしてサポートいたします。
五十肩は、症状や程度、治療期間などが人によって全く違います。一般的には、初期の症状が始まってからピークを迎えるまで数ヶ月を要し、ピークは数週間続き次第に和らいでくる事が多いようです。予後は痛みの程度により様々ですが、一般的には鋭い痛みが感じられなくなるまでに半年前後、さらにボールなど物を投げられるようになるまでには、一年前後かかるといわれています。
効果の出る回数や期間は、人により様々ですので、少し長いスパンでしっかり治療していきましょう。

 

対処法
全く動かさないとますます固まってしまします。しかし痛くて眠れない、じっとしていても辛い、熱感があるなどの時は安静にしてください。
お仕事などで気になる方は、筋肉のような働きをするキネシオテープ(当院で取り扱っております)で、肩を補強すると痛みや動きが楽になります。
痛みが消失しても、多くの場合動く範囲が以前より狭くなり、リハビリなどが必要となることもあります。当院では動きが良くなるストレッチや筋力トレーニングなどの治療も行っております。自分にあった方法で続けていくことが、回復への近道です。

ネットからのお問合せはこちらからどうぞ。
お問合せ.jpg