変形性膝関節症

膝が痛くてしゃがめない、あるいはしゃがむ時に膝が痛い、階段の昇り降りもきついと訴えてくる中高年のほとんどの方は変形性膝関節症です。
ひざの痛みには、日本人の500万〜1000万人が悩んでいると言われ、中でも変形性膝関節症が最も多く40歳以上の方の約6割といわれています。また、どの年代でも女性が男性に比べて1.5〜2倍多とく、高齢者では男性の4倍ともいわれています。

 

原因
通常は膝がO脚(ガニ股)になって、膝の内側の軟骨がすり減っています。整形外科ではふとももの前の筋肉を付けるように、膝を伸ばすような運動を指導されます。それでも症状が進んでくれば、膝を人工関節に置換する手術の対象となります。
また、年齢とともに筋力は低下してきますが、その筋力に見合わない負担がかかるお仕事やスポーツなどでも、関節軟骨が傷んでしまいます。瞬間的にかかる力を、筋力でカバーできずに、衝撃を吸収しきれなくなってしまうわけです。

 

当院の主な治療
@運動療法(モビリゼーション

膝関節の動く範囲を拡大させるため、関節の隙間をつくります。


Aはり治療(希望者)、指圧マッサージ

膝周りの筋肉の異常緊張を緩めます。


B特殊な手技治療

膝以外のところにある、膝の痛みと関連する筋肉を治療します。 特に腰部の硬結(こり)を緩めます。腰の筋肉が緩むと膝関節の動きが良くなり、長年座れなかった方でも正座ができるようになります。

 

 

 

特に当院の治療の特徴は膝自体の治療の他に、Bの特殊な手技治療のような膝に影響を与えている他のところを治療することで膝の動きが良くなり、痛みが少しずつ取れていくことです。「変形がひどくてもうほとんど歩けない」という状況まで悪化しなければ、治療によって痛みは取れ、歩行や階段の昇り降りもスムーズにできるようになります。
また筋力低下によって膝に負担のかかる方には、筋力トレーニングも行っております。自力での運動が困難な方でも、しっかりと筋肉を刺激して筋力アップを図ります。1、2回ですぐ筋肉ができるわけではありませんので、最低週2、3回は継続して行うことが好ましいです。


膝の痛みにお悩みの方は、病院や治療院で様々な治療を受けてきた人が多く、半分あきらめの気持ちも入り混じって来院されます。どんな治療をしても治りっこない、という潜在意識が働いて治療を中断してしまう方が多いようです。

治療を続ければ、必ず症状は変化していきます。一朝一夕に良くなったり悪くなったりしませんので、焦らずに治しましょう。
初めのうちは、治療を3回以上通院なさると良いでしょう。一ヶ月以内に膝の痛みは半減し、全身の症状も良くなります。その後は治療間隔をあけ、治療時間もポイントを絞りこみますので短くてすむようになります。
手術は最後の手段にしても遅くはありません。ぜひ治療を試してみてください。必ず足取りが軽くなってきます。

ネットからのお問合せはこちらからどうぞ。
お問合せ.jpg